Googleゲーム・Stadiaは洋ゲー好きなら

6/6に公開された、Googleのゲームストリーミング・Stadia(スタディアまたはステイディア)の映像を見る限り、FPSやTPSのようなシューティングやレース、スポーツゲームが配信されそうです。

 

それらのオンラインゲームがメインの模様。

ですので、それらのゲームをPS4やXboxOneで楽しんでいるユーザーがGoogleのStadiaに流れる可能性が大きい、と私は推測しています。

 

逆にRPG(ロープレ)、シミュレーション、ストラテジーのような、じっくりプレイするのが多い人は今、遊んでいるゲーム機で楽しむような気がします。

 

結局、「世界中の人と対戦したり、一緒にプレイしたい人」で「特定のゲーム機を持っていない人」がスマホやタブレット、テレビでプレイするゲーム配信サービスになりそうです。

それに基本的に「ネットに常時接続」というのも普及の鍵で、ゲームスタートでイライラすることが多いと、私のように「せっかちなユーザー」は離れる可能性が大きいです。

 

詳しい情報は

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、日本を除く14カ国で11月開始 月額9.99ドル 無料プランは2020年から

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/07/news061.html

 

Posted on