HOME > 政治 > ミャンマー2月1日、軍のクーデター...

ミャンマー2月1日、軍のクーデターについて

2021/2/7 NHK 世界のいまより

 

歴史の一部

半世紀以上:軍手動の政権だった、アメリカなどから経済制裁を受けていた

 

1988年8月 民主的デモをしたが数千人が犠牲に。一部の人は日本など国外へ

2016年3月 勢力を拡大していたNLDにより、民主的政権ができた

2020年11月 選挙でNLDが圧勝

2021年2月1日 議会の開会日だったその日に軍によるクーデターが発生。軍は「2020年11月の選挙に不正があった」と主張。

 

 

民主的政権ができたものの課題があった

・軍事政権時代の憲法

・議会の議席は軍が4分の1を占めていた

 

軍がクーデターを起こした理由は?

2020年11月の選挙でNLDが圧勝したことで、軍側が焦ったのではないか?と考えられる。

 

 

ミャンマーの軍を支援しているのは中国

一帯一路にとってミャンマーは地理的に重要。軍にとっては世界各国に非難されても中国の支援さえあれば、という思惑が。

 

軍の今後は?

総選挙のやり直しを計画。スーチーさんらNLD抜きになるかもしれない

 

懸念

民主化を後戻りさせてはならない、という各国の考え

[ 政治 関係の記事 ]へもどる

amazonで政治と検索した結果
*該当しない場合があります