HOME > 政治 > 岡山県の笠岡市長辞職勧告を受ける...

岡山県の笠岡市長辞職勧告を受ける

2022/5/28付 山陽新聞の誌面から

市長は「当初から議会に説明すべきだった」と謝罪した

 

2022.1.20追記

1/20のRSKイブニングニュースより

「市有施設の指定管理者を募集する際、その施設は浄化槽ありと記載したものの、実際は汲み取り式だったことが応募後に判明。

その業者から市へ改善要望が出たので、市は改修費で計上すべきを『新型コロナ対策費』として計上。

それが市議会で判明したことがきっかけ」という報道でした。

 

 

2021/12/24付

山陽新聞・笠岡市長と副市長に辞職勧告決議 トイレ改修巡り市議会、百条委も

https://www.sanyonews.jp/article/1211935

抜粋

笠岡市議会は12/24、市有施設のトイレ改修を巡り、市が本来とは別の理由で改修費を予算計上した問題で、行政運営への姿勢が不適切などとして、小林嘉文市長と松浦良彦副市長に対する辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。問題究明に向け、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委)の設置も決めた。

 

小林市長は取材に「事実を隠すような判断はしておらず、(百条委による)調査を行う事案ではない。決議されたことは重く受け止める」と話した。

※補足:旧粗飼料基地トイレ改修問題

推定される場所:笠岡市平成町・笠岡湾干拓粗飼料基地(地図


私見

急にニュースになっていたので詳細が不明。ただ、「別計上」はまぎらわしいため、疑われやすいのは事実。

[ 政治 関係の記事 ]へもどる

amazonで政治と検索した結果
*該当しない場合があります