※この記事はあくまでも「私なりのまとめ、メモ書き」です。内容については「読者の方の自己責任」でお願いします。当方および情報ソース元は一切責任を負いません。

 

ソース記事

2021.7.1 NEWSポストセブン

https://www.news-postseven.com/archives/20210701_1671365.html

 

Q.なぜ顔色でわかるのか?

A.顔には大量の血管が流れ、血液が流れているから

 

■顔色

・薄い紅色

健康

 

・赤ら顔

血液が老廃物、コレステロール、中性脂肪などで汚れてきている状態。漢方では「瘀血(おけつ)」と言う

 

・黒い(土色)

肝臓や腎臓の可能性。血中の老廃物が解毒されていない

 

・白い

呼吸器系疾患や貧血(軽度~中度)。貧血の8割は鉄分不足だが、重度の場合も

 

・淡黄色

内臓系の潰瘍などによる重度の貧血。カサつきや顔のムクミを伴う

 

■顔色以外

・肌に褐色のシミやクモ状のアザ

肝硬変や肝機能障害など肝臓疾患

 

・寝不足以外の目の下のクマ

腎臓病、「顔が黒い」と同様

 

・眼の片方のまぶたが重い、目を閉じられない

脳疾患。朝より夕方に症状が出やすい

 

・目を閉じ、まぶたを軽く押さえて硬いと感じたら

眼圧上昇で緑内障の疑い

 

・耳の外輪郭にコブ

痛風。コブは尿酸が沈着する「痛風結節」

 

・口角の亀裂

食べすぎ、飲みすぎによる炎症。大腸の不調でも