2020年秋・なぜ日米の株価は上昇したのか?

私は全くの素人です。投資についてはご自身の責任、判断でお願いします。当方は一切の責任を負いません。

 

日本は25年ぶりに最高値をつけ、一時、27000円近辺まで上昇。

アメリカでも、大統領選でバイデン氏の当選が確実になった頃、ダウ平均株価も上昇。これにはワクチンが開発されたことも要因とのこと。

 

しかし、

アメリカでは新型コロナによる死者はケタ違いに多く、日本でも外食・繊維業界では倒産、閉鎖が相次ぎ、輸送業・観光業でも減収減益の企業が多い。

それなのになぜ、株価は上昇しているのでしょうか?

 

どのテレビ番組かは忘れましたが、

説A「世界各国は自国のコロナ対策として、資金を投入(補助金など)した結果、企業によっては「余剰金」が生まれ、その投資先として「安定した市場である日本」に海外投資家が増えているのではないか?」

という話がありました。

また、

ニュースとして「日本銀行が日本市場に公的資金を投入した結果、多くの企業の株主になってしまった」という話題がありました。

つまり

・日本市場に対する不安視が少ないから、海外企業からお金が集まっている。

・しかし、日本だけでなく海外でも紙幣(国債も含め)を大量に発行している可能性があり、

持論ですが

日本だけでなく海外でも紙幣が多い状態、つまりインフレ状態ではないか?と思っています。

[ 政治 関係の記事 ]へもどる

amazonで政治と検索した結果
*該当しない場合があります
この記事のQRコード