HOME > 新型コロナウイルス > 新型コロナはフェイクなのか?ワクチ...

新型コロナはフェイクなのか?ワクチン接種に打つ価値はあるのか?

※マスコミの記事を基に書いた個人の意見記事です。

※ここでは「いまだ完全に解明されていないウイルス」のことを「新型コロナウイルス(COVID-19)、略して新型コロナ」と表記します。

※「いまだ解明されていない」という意味は、特効薬がない、編集時点で薬が研究段階であることを指します。

 

私の結論を先に述べると

フェイクではないし、打つ価値は個人の判断だと思います。

 

新型コロナウイルスはフェイクなのか?

(1)2022.5.2付 日本経済新聞 栃木で10歳未満の女児死亡 コロナ感染、基礎疾患なく

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE012T00R00C22A5000000/

抜粋

死因は感染に伴う「急性脳症」だった。ワクチンが接種できる年齢になっていたが未接種だった。基礎疾患はなかった

厚労省)小児接種(5~11歳)

 

(2)2022.5.1付 山陽新聞 感染後「カレーにおわない」 香りのプロ9カ月嗅覚戻らず

https://www.sanyonews.jp/article/1254539

 

私見

新型コロナに感染し脳症を発症した点、志村けんさんなど多くの方がそれによって亡くなった点、後遺症で悩んでいる方がいる点を踏まえ、私は「新型コロナはフェイクではない」と思います。

フェイクではないので、マスク、クリアパネルなどこれまでの感染予防はマナーとして必須だと思います。

 

 

ワクチン接種に打つ価値はあるのか?

(1)京都大学 ウイルス学の宮沢孝幸教授(公式

2022/5/1に出演のテレビ番組「そこまで言って委員会NP」にて

「ワクチンそのものに未知の部分がある。ワクチンは打った人間を攻撃。将来、新型コロナの変異型が出るので今のうちに感染して免疫力をつける方が、子供には得だと思う。マスコミは(メリットデメリットを)公平に報道すべき」

「ワクチンは心筋炎が出るとわかっている。とくに心臓病の子に打つなんて論外」

 

(2)感染力が高いと言われたオミクロン株が世界で初めて発見されたという報告があったのは、2021年11月24日で南アフリカと言われています(厚労省)そして日本初は11月30日と言われています(厚労省

そして「日本で3回目ワクチン接種」が始まったのは、医療従事者の皆さんに対して12月1日だそうです(厚労省

高齢者など一般の方に対しては自治体によってバラつきがあるものの、2022年1月後半や2月から開始していた模様です。

 

手前味噌ですが、これは「2020年3月から2022年4月までの岡山県の月別の新型コロナ感染者数グラフ」です(公開サイト

(タッチで拡大)

2020年3月から2022年4月までの岡山県の新型コロナウイルス感染者数の月別グラフ

2021年の10~12月は感染者は1か月で200人台以下でしたが、翌年になった途端1万人、2月には2万人台まで急増しています。ですが3月には1.4万人まで減少、4月には増えてはいるものの1.7万人台でとどまりました。

もちろん推測ですが、4月に増えたのは、未接種の低年齢層での感染が増えたからではないかと思います。

 

私見

岡山県のデータを見るだけでも、もし3回目のワクチンを打っていなかったら、3月には3万、4月には4万と増加していたかもしれないと推定するのはたやすいと思います。

 

つまりワクチンには

メリット

・感染を防げる、重症化を抑えられる効果は「ある」と思います。ただし「どの程度、防げられる、抑えられる」かは議論が分かれていると思います。

 

デメリット

・ワクチンを打つことで軽度の副反応が出る可能性があること、そしてまれですが「手足にマヒ」という重篤な後遺症が出る可能性があること、特にお子さんで出る場合はあると報道されています。

 

メリット、デメリットがあるので「ワクチンを打つ打たないのは個人の自由」であり、ワクチンを打つ価値があるかどうかも個人の判断だと思います。

特にお子さんに対し「打つべきか?打たないべきか?」、これは悩ましい事柄ですが、お子さんと相談のうえ、最後は親御さんの判断で決めるしかないと思います。

 

そのうえで他人に対し「打つな」という権利は誰も持っていないと言い切ります。

 

 

ワクチン以外の理由で感染者が減った可能性は?

考えられること。

・感染を繰り返した結果、感染力が落ちたのでは?

感染力が高いオミクロン株ならヒトヒト感染で、人A→人B、B→Cと初期の段階ではどんどん感染していくが、G→Hといった「感染を繰り返した結果」、人Hが他の人にうつすほどの力をコロナウイルスが持っていないのでは?と思います。

※G→Hは、あくまでも「感染を繰り返した結果」を表すたとえであり、感染を7回繰り返したからという意味ではありません。

 

・集団免疫が確立したのではないか?

岡山県で例をあげると2022年5月4日時点で人口約186万人。感染者の累計は約81,000人。同じ人が2回以上感染している場合もありますが、それは考慮しない場合、

単純に割り算をして「約4.4%」つまり100人いれば4.4人が新型コロナの経験者(罹患者)です。

つまり「感染したが症状がないので病院や検査を受けない人」が、「4.4人よりはるかに多い数でいる・いたのではないか?」という点です。

 

その一方で「コロナウイルス発見当初から自粛生活より集団免疫を」と訴えた人がいました。

岡山県は2020年3月にコロナ感染者が初めて発見されたのですが、2年以上経った今、

「コロナ誕生”直後”の集団免疫」は理想ではあったが、「多くの死亡者、感染者」を出したことで、集団免疫をやっと獲得しつつあるのかもしれない、と持論ですが思います。

よって集団免疫は多くの犠牲者を出すのでコロナに限らず、将来新たなウイルスが出たとしても、安易な推奨は危険だと思います。

「誰だって感染したくないはず」だからです。


amazonで新型コロナウイルスと検索した結果
*該当しない場合があります
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

当サイトでは広告ブロックをオフにして下さい

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock