20191215そこまで言って委員会NPより一部抜粋

■テーマ「年金」で

田嶋氏「デンマークは、ある年齢になったら一所懸命に働いた人もそうでない人も、同じ年金がもらえる。私は幸せだと思う」

竹田氏「働く意欲が減る」

※私見:竹田氏の意見に賛同。たくさん働いた人は多く、そうでない人は少ない、年金額にバラつきがある方が自然だと思いますし、田嶋さんの考えは共産主義思想と思います。

 

・辛坊治郎委員長「ただ、年金額が人によって差が大きい場合があり、例えば多い人の額を減らして、極端に年金が少ない人に回せば問題のいくつかが解決するはずだが、政治家は一切言わない。なぜなら投票に影響が出るから」

 

 

■北朝鮮と韓国

2000年6月の南北首脳会談以降、韓国の国民の一部に「北朝鮮は敵ではない」という意識が芽生えている。その結果、在韓米軍やアメリカに対し疑念を持つ国民が増えている。

しかしその先には「金正恩党委員長による統一国家ができるかもしれない、という危険性を韓国国民は持っていないのか?」という意見がありました。

 

■テーマ「宗教と資本主義」で

宗教学者・島田裕巳氏のご説明(以下)に感謝

Q.池田大作さんの今は?
A.91才。(私は)聖教新聞を購読しているが2019年、近影写真はありません。後継者はいない模様。著書・人間革命は完結しています。

・ローマ教皇来日の本当の目的はキリスト教・カトリック信者の維持で、信者が一番多い長崎、それから東京を訪問。あと、信者が多い神戸にも行きたかったのではないかと思う。

(竹田氏「日本は原爆を落とされた側の国です。その日本で核兵器廃絶!を言われたのは納得できない」)

・イスラム教:インドネシアに教徒が多い

 

※私見:ローマ教皇が来日された時、マスコミがかなり盛り上がったと思いますが、私の中で「盛り上がり方が高かかった点に違和感」がありました。カトリック教会のトップの方の来日が、まるで国家のトップが国賓として来たような雰囲気に「なぜ?」という感想でした。ですので、島田教授の話に納得できました。

Posted on

20191208そこまで言って委員会NPまとめ

学者やジャーナリストが各テーマごとの問題点(爆弾)を5つ挙げ、順位をレギュラー陣が予想する回でした。

例えば、テーマ「北朝鮮」は「3位の16年近く続いている経済制裁」よりも「1位の金正恩委員長の健康問題」の方が危険度が高い、というジャーナリストの見立てでした。

 

女性韓国学者が選ぶ 韓国 が抱える爆弾

1位 文在寅 の弾劾
2位 米韓同盟 の亀裂
3位 最低の経済
4位 徴用工問題をめぐる国内世論
5位 北朝鮮との関係破綻

 

在日ジャーナリストが選ぶ 北朝鮮 が抱える爆弾

1位 金正恩 の健康問題
2位 お金がない
3位 経済制裁
4位 中国との関係悪化
5位 核開発の継続

 

中国人ジャーナリストが選ぶ 中国 が抱える爆弾

1位 官僚腐敗
2位 貧富の差拡大
3位 結婚できない男
4位 食品の安全性
5位 モラル崩壊

※「この中国人ジャーナリトは国籍が中国人なので、中国に不利になることは言わない」というのがレギュラー陣の読みでした。ですので、この順位は「日本向けの内容」です。

 

気象予報士が選ぶ地球が抱える爆弾

1位 海水温の上昇
2位 台風の強力化
3位 異常高温
4位 集中豪雨
5位 気候危機

 

政治ジャーナリストが選ぶポスト安倍

1位 菅義偉
2位 岸田文雄
3位 茂木敏充
4位 河野太郎
5位 小泉進次郎

Posted on

20191124そこまで言って委員会NPのまとめ

竹中平蔵氏

桜を見る会で総理枠で千人って多いといえば多いが、目くじらを立てるほどのことではない。世の中にはグレーゾーンの物事が多い。国会では桜の会のことより、他のことを議論をすべき


●テーマ・公職選挙法がいるかいらないか

須田氏が一例をあげる

選挙期間中、地方だと有権者が物を要求することがある。

候補者事務所に行って有権者が『公民館にテレビがないんだけど』と言うと、翌日にはテレビがある。これは地方の話だが、公職選挙法は候補者だけでなく有権者も守るべきと思う。


●テーマ・オリンピックがいるかいらないか

過去に竹田恒泰氏がテレビで五輪に関することをペラペラしゃべっていたら、森喜朗元総理から、当時JOCの会長だった竹田氏の父(竹田恆和氏)に「息子を黙らせろ」という指示があったそう

※私見:政治家というのは「気に食わないと口封じしがちなのでしょうか?」

 

・武井壮さん初登場。

五輪に出る選手はたくさん練習している。高橋尚子さんなんて暑い日も含め毎日50km走ることあった。逆に、大会当日は『本番の42.195kmの1本だけだから(練習よりラクかも)』と思う選手もいる。東京から北海道に場所を移して涼しい所でやることが選手ファーストではないと思う。

僕は心配なのは、市民ランナーが真夏のマラソンに参加すること。トップアスリートと違って「暑い日の練習量が違う」ので、一般ランナーの方が危険にさらされる、それを議論して欲しい。


●テーマ・AIの登場で英語教育はいるかいらないか

田嶋陽子氏

日本語ができないと英語ができないと言い張る人がいるが、それは私は間違っていると思う。海外から日本に来たお子さんなど、たくさんの言葉(多国籍語)をしゃべられる子がいる、特殊かもしれないが、脳の中で言語が分かれていると思う。だから「英語よりも国語を先に勉強すべき」とは言えない。

※私見:子に日本語を先に勉強させるべきか?英語を先に勉強させるか?

結果論でいえば、子供によると思う。田嶋氏の例えの子供は特殊だと思うし、子供によっては

日本語は苦手だが英語は得意

日本語も英語も得意

日本語は得意だが英語は苦手

など、「教育を受けてみない」とわからないと私は思う。田嶋氏の「言い切り」は良くないと思う


●テーマ:キャッシュレス決済がいるかいらないか

竹田氏、須田氏、竹中氏

キャッシュレスが普及するのは途上国が多い。(途上国ではないが)中国はニセ札が多いからキャッシュレスが普及している。だってATMから普通にニセ札が出てくるし。そもそも、途上国で普及しているのは国民全員が銀行口座を持っていないから。

Posted on