HOME > 事件 > 赤ちゃんポストの病院、命は大事にし...

赤ちゃんポストの病院、命は大事にしているがその子の人生は?

2022/1/4 NHK 熊本市の慈恵病院で「内密希望」の10代の女性が出産

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20220104/5000014369.html

抜粋

自宅などでの孤立出産を防ぐため、病院だけに身元を明かす独自の「内密出産制度」を導入している熊本市の慈恵病院が「内密出産」を希望する10代の女性を保護し、先月、女性が赤ちゃんを出産していたことが分かりました。

熊本市の慈恵病院が1/4 記者会見で明らかにしました。

病院によると、2021年11月中旬、西日本に住む10代の女性から、名前や住所などを明かさずに出産したいという相談があり、その後、女性は病院に保護され、赤ちゃんを無事出産したということです。

女性は、今も身元を明らかにすることを拒んでいますが、病院によりますと、子どもが親の情報を知ることを希望した時などのために、病院の看護師1人に名前や住所などの個人情報を開示したほか、健康保険証と卒業した高校の学生証のコピーを提供したということです。

女性はすでに退院し、赤ちゃんは病院が一時的に保護していて、このままだと、「内密出産」になる可能性があるということです。

厚生労働省によりますと、内密出産は、これまで国内で実施されたケースは報告されていないということです。

慈恵病院の蓮田健院長は「女性は赤ちゃんへの愛情が強く、翻意して身元を明らかにする可能性もあると思うが、このまま内密出産になれば、生まれた赤ちゃんの戸籍が作れない可能性があり、行政には現実的な対応を求めていきたい」と話す


私見

「赤ちゃんを置いて、母親は退院」という部分。それは母親として無責任では?と思った。

だからこそ日本政府は内密出産を認めていないのだと思う。

この病院は赤ちゃんポスト含め、命を大事をするのは正論で評価されるべきかもしれない。

ただし、生まれてきた子の人生に対する責任を、その病院が負えているとはとても思えません。

簡単にいえば、病院が赤子がこの世に生まれたいのを助けているのは事実。そのあと病院はどうするの?施設に預けて、あとは地方自治体や政府に任せて、はい終わりですか?、無責任ではありませんか?、私なら言いたいです。

[ 事件 関係の記事 ]へもどる

amazonで事件と検索した結果
*該当しない場合があります
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

当サイトでは広告ブロックをオフにして下さい

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock