HOME > 2022年9月版・イオンのセルフレ...

2022年9月版・イオンのセルフレジの使い方・イラストで解説

イオン店舗およびイオングループ店舗にあるセルフレジの使用方法を書いた記事です

イオン系セルフレジの最初の画面

※初投稿時のタイトルは「セルフレジを初めて体験」でしたが、現在はタイトルを変更し、随時、改訂しています。

 

人がいないレジで、商品のバーコードを自分で読み取って袋に入れてお金を払う。多少の不安がありましたが、画面には手順が表示されるし、近くに店員さんが常駐しているので、「わからなければ聞けば良い」と思ってトライしました。

 

●補足

レジ袋は有料(有償)です。有料レジ袋については、基本的にセルフレジの入り口またはスタッフのいる場所で販売されているので、不明な点があれば会計の前にセルフレジのスタッフにお尋ね下さい。

※イオン系スーパーの場合はサイズによって1枚5円または3円でレジ袋にバーコードが印字されているので、それを読み取ります。

 

●セルフレジを利用している途中で「マイバッグに入りきらない」とわかった時は、有料レジ袋を取ってきて商品と同じようにバーコードを読み取り、セットして使います。ですので、「いつもより買い過ぎた」時は「レジ袋を買えば良い」というつもりでセルフレジを利用して下さい。

 

※わからない点は、セレフレジ画面の下付近に[係員呼出]ボタンがありますので、ボタンを押して「セルフ担当の店員さん」にお尋ね下さい。現在はコロナ禍なので、声をかけて呼ぶのではなく、ボタンをオススメします。

また初心者の方は会計のにセルフレジにスタッフがいるのを確認して下さい。

 

●20日と30日のお客様感謝デーの時、支払画面がいつもとは違う画面(イメージ画像)になります。ご注意下さい。

 

 

●セルフレジの使い方

セルフレジの前に立つと

[マイバッグまたはマイバスケット] [お買い上げシール] [レジ袋購入]

の3つのボタンが表示されます、3つのボタンごとの解説をご覧ください。

イオン系セルフレジの最初の画面

(同じ画面の下部分に[WAONチャージ][WAON残高照会]ボタンのある場合はそれらも可能です。)

 

[マイバッグまたはマイバスケット]→マイバッグ(エコバッグやお買い物バックなど)を、セルフレジの横の台の金属フック(*)にセットして下さい。マイバッグの口を開けてセットしたら、画面の[OK]をタッチします。

となりの袋かけハンガーにマイバッグをおかけになりましたらOKボタンを押して下さい

 

(* 買い物カゴを左に置いた場合は右の台のフック、買い物カゴを右に置いた場合は左の台のフックのことです。)

(※マイバスケットとは有料の買い物カゴです)

 

[レジ袋購入]→レジ袋のバーコードを読み込んでから、セルフレジの横の台の金属フックにレジ袋をセットして、レジ袋の口を開けておきます。最後に表示される金額は商品合計代金+レジ袋代金です。

 

[お買い物シール]→トイレットペーパー12ロールやビール1ケースなどの大型商品の場合で、店員にシールを貼ってもらいます。なかには「弁当と飲み物だけ」といった少量の場合に利用される方もいるようです。

 

 

商品を一個ずつセンサーに、商品のバーコードをかざしながら値段が表示され金額の音声が聞こえたら、マイバッグ(レジ袋)の中へ。センサーはガラスの中にあり、その場所は画面の下および水平台の中に2か所なので、私は商品によって「読み取りセンサー」を使い分けています。

イオン系セルフレジのバーコードを読み取った時の画面
成功すれば商品名と値段が表示されます

もし金額の音声が聞こえなかったり、「もう一度」という音声だったら「読み取りエラー」なので、再度バーコードをかざして下さい。とくにお子さんの場合はご注意下さい。

なお、読み取りが成功した商品名と金額が画面の一番下に表示されるので、画面を見れば読み取りが成功したかどうかがわかります

 

マイバッグに全ての商品を入れたら「お支払いへボタン」で会計に進みます。

すると、[WAONポイントカード]ボタン、[イオンカード(WAON一体型)]ボタン、[WAONカード支払]ボタン、[お持ちでない方(現金、その他の電子マネーなど)]ボタンの支払い方法の選択画面になります。

イオン系セルフレジで決済する時の最初の画面

[お持ちでない方]ボタンを選ぶとWAONポイント、現金、電子マネー、クレジットカード、イオンギフトカードで支払うためのボタンがある画面になります。

イオン系セルフレジでカードをお持ちでない方に表示される画面

※WAONポイントボタンについて

「20日30日の5%オフ」の時は表示されますが、それ以外の日では表示されない場合があります。「20日30日の5%オフデー」についてはお客様感謝デーで後述します。

 

Q.ポイントを使うには?

A. 2パターンあります。

パターンA→こまめにポイントを使う場合→5%値引きデーの項目をご覧下さい。

 

パターンB→チャージする場合(ラクです)

イオン(一体型)や電子マネーWAONカードを持っている方向けです。

私は水色WAONステーションに行ってポイントからWAONにチャージしています。

 

1 ステーションに行ってカードを置いて10秒ほど待つ。

2 表示された画面で操作をします。(ポイント数の指定も可能ですが、私は面倒なので[全ポイントチャージ]ボタンだけを押しています)

3 カードの取り忘れにご注意下さい。

レシートの印字例(2022年1月4日追加)

WAONポイントを電子マネーWAONにチャージしたレシートのサンプル

 

※[WAONポイント]ボタンの有無や場所は「感謝デー」と「通常の日(感謝デー以外の日)」とでは異なる場合がありますが、文字が大きく表示されているので心配はいりません。「感謝デー」については後述します。

ご不明な場合は、会計の前に店員にお尋ね下さい。

 

・現金での支払いの場合は[現金]ボタンを選んで投入口にお金を投入します。

場所は「だいたい腰付近」の左側に「硬貨入れ」右側に「紙幣口」そして中央の少し下に「釣り銭口」の3つがあります。

※ただし店舗によっては「セルフレジが異なりイメージ図とは異なる場合」があります。事前にご確認のうえご利用下さい。

イオンセルフレジの硬貨口、お釣り口、紙幣入れ

先にお札を入れ、次に硬貨を入れ、画面で支払った金額を確認して、それで問題がなければ、最後に画面の[支払い完了]ボタンを押します。釣り銭があれば、お釣りが出てきます。

もし、投入口の場所が不明な場合は必ず投入に店員にお尋ね下さい。

 

[WAON] や [iD] などの電子マネーの場合は[WAON]や[その他電子マネー]のボタンを選んでから、カードをかざします。反応しない場合は、カードの向き・表裏を変えて下さい。

 

最後にレジからレシート、場合によっては発券機からクーポンも出てくるので、以上で終了です。不要なクーポンは付近のゴミ箱に捨てて下さい。その理由は「自分の購入履歴に基づいてクーポンが出てくるため、次の客には見せたくない意味も含めて、捨てる」ことをオススメします。

 

 


20日30日のお客様感謝デー(5%オフ)の時

それぞれのカードをお持ちの方はそのカードのボタンを、現金や他のカードの場合は「お持ちでない方」を押して下さい。

イオン系セルフレジで決済する時の最初の画面

※まれに下記の画面の場合がありますが、ボタンの位置や色が違うだけです。

イオン系セルフレジでイオン感謝Dayの時に出る画面その1

 

※イオンカード(WAON一体型クレジットカード)をお持ちの方で「お客様感謝デー(5%オフ)」の時だけ

「カードをスワイプして下さい」という画面になります。その時はこの画像のように、カードを「読み取り装置のミゾ」にセットして下方向へ動かして下さい。カードの表面の▲の位置を確認して、ゆっくり動かすのがコツです。

イオンカードをセルフレジの読み取り装置でスワイプして読み取る

なかなかカードが読み取れない場合はカードの向きや表裏を確認して下さい。解決できない時は店員さんを呼んで下さい

 

感謝デーの時はこの画面に「WAONポイントを使う場合はこのボタンです」と表示されることがあります。

そして、「WAONポイントを使う場合は先に押して下さい」というアナウンスが流れます。

イオン系セルフレジでカードをお持ちでない方に表示される画面

WAONポイントを使うため、赤い[WAONポイントボタン]を押すと、この画面になりました。

WAONポイントを使う場合のセルフレジ画面 使用するWAONポイントを入力をする画面

貯まっているポイント数を確認し、使用するポイント数をタッチして最後に[登録]をタッチします。

この時、私は3378ポイントを持っていたので 3000ポイントそして[登録]とタッチしたところ直前の画面に戻り、残金が表示されたので[WAON]をタッチして残金はWAONで支払ました。

WAONポイントを使う場合のセルフレジ画面 ポイントを使った後の残金表示

この例では

請求金額-使用したWAONポイント数=残高

4978-3000=1978

1978円は電子マネーWAONで支払いました。実際のレシートです。

WAONポイントを使う場合のセルフレジの画面 使った時の実際のレシート



Q.マイバッグ(レジ袋)に商品を入れた後、袋の中を触っていたら「重量を計算中です」と表示された

A. 商品を普通に入れただけではエラーになりません。ですが、マイバッグ(レジ袋)を置いた計量計の反応がびんかんで、マイバッグの中で商品を入れ替えたり、置き換えたり、中身を触っていると、そのエラーが表示されることがあります。慣れるしかありませんが、商品を一度入れたら清算が済むまで、なるべく触らないことをオススメします。

 

Q. とくに何もしていないのに「計量中です」とエラーメッセージが表示されて、先に進めない。

A. (前問のQAと似ていますが)私は時々経験します。10秒程度で元の画面に戻りますが、「なかなか戻らない」「急いでいる」場合は店員さんを呼びましょう。原因はよくわかりませんが、計量計(重量センサー)の関係かもしれません。

 


野菜や果物

Q. バーコードのない商品(野菜や鮮魚などの一部)はどうすれば良いのか?

A.バーコードのない商品は、「バーコードの無い商品」ボタンをタッチすると「緑色の野菜」「その他の色の野菜」「くだもの」「焼きたてパン」といった専用のボタンが画面に表示されるので、それをタッチすれば該当の商品が見つかります。

(トングでつかんで透明の袋に入れる「魚の切り身、干物」も同様に「お魚ボタン」があります)

イオン系セルフレジのバーコードを読み取った時の画面

イオン系セルフレジでバーコードのない商品の時、商品を選択する画面

 

個数を選んで[登録]ボタンを押してから、マイバッグ(レジ袋)に入れて下さい。

イオン系セルフレジでバーコードのない商品の個数を入力する画面

 

 

Q.「くだもの」→「みかん」と選び個数「3」として[登録]ボタンを押したら「店員をお呼び下さい」とエラーとなり、それが何回も続いた。

A.エラーになった商品は買い物カゴに戻した状態で、店員を呼んだ方が早いです。体験談として「セルフレジ側のエラー」だった模様で、店員さんによる裏技で会計を続行できました。

 


Q.タイムセールなどの値引きシールのついた商品の場合はどうなるのか?

A. 値引き商品は「値引き後のバーコード」が貼ってあるはずなのでそれを読み取ります。

 

 

Q.クーポン券やサービス券(5%オフ券、ビール値引き券など)を使いたい場合は?

A. 必ず店員にクーポン券を見せる必要がありますので、できればセルフではなく通常のレジをオススメします。

もしセルフの場合、使用する前に「有効期限および対象商品であることの再確認」をします。

クーポン対象商品を読み取った直後に店員を呼び、クーポンを手渡します。不安な方はクーポンを使う商品のバーコードを読み取る前に店員を読んで下さい。

 

Q. WAONとWAONポイントの違いがよくわからないという方へ

A. WAONは電子マネーです。SuicaやICOCA、pasmoのような種類です。

一方、WAONポイントはポイントです。dポイントや楽天ポイント、Tポイントのような種類です。

電子マネーWAONカードをお使いの方は、WAONポイントをWAONにチャージして使われる方が多いと思います。

一方、現金払いの方は、貯まったWAONポイントを買い物の支払いの一部にあてられていると思います(WAONポイント公式)。

 

そのうえで当方が作成した関係図です。

電子マネーWAONとWAONポイント、現金、クレジットカードとの関係性

つまり、WAONは現金やクレジットカード、WAONポイントからチャージして使います。

 

Q. 20日30日のお客様感謝デー(5%オフ)の注意点は?

A. 次の支払い方法および商品は「割引の対象外」です。

・WAONポイントカード

・他社発行(イオン以外)のクレジットカード、電子マネー、金券

・たばこ、ビール、イオンギフトカード(の購入)など

※不明な点はサービスカウンターにお尋ね下さい。

[PR] 楽天市場でエコバッグと検索

 

Q. 折込チラシや店頭POPに表記されているボーナスポイントプレゼントがもらえるのは?

WAONのボーナスポイントがもらえるPOPマーク

A. 電子マネーWAONカード、イオンカード(クレジット払い)、JMB WAONのみ。ですのでWAONポイントカードは対象外です。

※不明な点はサービスカウンターにお尋ね下さい。

 

 

Q.紙の「イオン商品券」は使える?

A.セルフレジに「イオン商品券」というボタンがないので、私は「商品券を使う時は普通のレジ」で使用します。なお、ネットの情報では「セルフレジのスタッフに渡して使うことができた」というのがありましたが、私は未確認なのでオススメしません。

ちなみに似た名前のイオンギフトカードとはプラスチック製カードです(イオンギフトカード公式)。

 


注意点や問題点

※濡れた商品、野菜などを入れる透明の小袋を使用する際

・バーコードの読み取りを終えてから小袋に入れないといけませんし、小袋に入れるのに時間がかかるととエラーが表示されることがあります。そのため、読み取るに小袋を用意しておくと良いかもしれません。

・(2021年4月追記) 店舗によって異なるかもしれませんが、お酒(アルコール類)を購入した場合、店員がやってきて確認ボタンを押すようになりました。ですので、セルフレジに入る前にセルフ担当の店員がいるのを確認した方がよろしいでしょう。

 

・読み取った後、商品をマイバッグ(レジ袋)に入れなかった場合には、「スタッフが参ります」という音声がレジから流れることがあります。

 

・一度、マイバッグ(レジ袋)に入れたものを出したり、袋のある台に子供が上がったりすると「商品除去ボタン」が表示されたり、音声が流れることがあるのでご注意下さい。

 

・商品数が多い時、大型商品がある時は有人レジの方がラクかもしれません。

マイバッグ(レジ袋)が3つになっても支障はありませんが「購入した商品」が多い場合、マイバッグ(レジ袋)の中で商品が動いて荷崩れを起こりやすく、マイバッグを置いた台の計量装置が正常に働かないことがあります。

すると「重量を計算中です」画面や「商品除外ボタン」の画面が表示され、その度に店員さんのチェックが入り手間がかかります。

また、ボックスティッシュやトイレットペーパー、オムツなどの大型商品を買った時は、セルフレジが狭いため面倒に感じることもあります。

ですので、それらの場合はセルフレジではなく有人レジをオススメします。

 

 

・にぎり寿司の醤油やガリなど「別添付で無料のもの」がある時

商品にテープで固定されている時はそのまま読み取ります。

別添付の場合は、商品を読み取った後、引き続き醤油やガリをマイバッグ(レジ袋)に入れた方が良いと思います。

その理由はセルフレジの構造が天秤と思われるので、「一緒に計測しないとエラーになるのでは?」と思うからです。

ただ醤油やガリでエラーになったことはないのでそれほど気にする必要はありません。

 

・缶ジュースなどのオマケ(例 6本買うとオマケ)など「別添付のもの」がある時

個人的には「通常のレジ(有人レジ)」を利用します。「オマケをもらう」には「●本買ったらオマケ付き」という条件がポップ(ミニポスター)で必ず提示されているので、「●本買いますのでオマケをもらいます」という意思表示のため「人がいるレジ」を使います。

ですのでオマケありの時、私は有人レジを使います。

 


・WAONへの現金チャージについて

セルフレジよりも、イオン銀行ATMやWAONチャージャーでの入金(チャージ)の方が慣れるとラクですし、セルフレジでのチャージは混雑をまねく可能性があります。

現金でチャージ(入金)する

WAON公式サイトの説明

 

・たまったWAONポイントをWAONにチャージしたい時

WAONステーションイオン銀行ATMで行えます。

 


Amazonギフト券にチャージしてお買い物

■セルフレジを使うメリットは

・弁当と飲み物だけ、といった「少量の買い物」の時

・有人レジが混んでいる時

・お子さんなど、バーコード読み取りを楽しめる人と買い物をしている時

・電子マネーなどキャッシュレス決済が通常レジよりも選びやすい

などと思われます。

 

セルフレジのデメリットは

・操作に慣れる必要があります。

・エラーの時、驚く

・エラーが解消されるのに少々時間がかかる場合がある

セルフ担当店員がいない時のトラブル時は待たされます

・トイレットペーパーやオムツなど大型商品は読み取りも含め面倒。

・お弁当のお箸はセルフレジの店員さんのいるところに取りに行く必要がある

 

これらが気になる方は有人レジをオススメします。

 

以上が「イオンのセルフレジの使い方」です。

ちなみにネット上に動画がありました。ただし、お店によって導入されているレジの外観が異なる場合があります。

・2019年1月公開

ユーチューブ動画

 


●以下は余談です。

推測ですが、レジ全体が「大きな天秤」のような構造ではないかと個人的には思え、左にセットしたカゴの中身例えば 計 1kg の商品がそのまま右の袋に1kg入らないと「会計を済ませていない」と判断されるのではないか?と思いました。

仮に悪い人がいて、監視員の目を盗んで商品をポケットに入れたり、手にもったまま立ち去ったら左右の重量が異なるので、それを防ぐための天秤構造ではないかと、推論ですが。

 

 

Q. 【高等テクニック】例. アジのフライとウズラの卵フライを1つのパック(揚げ物用袋)に入れてしまった

A.特殊な例なのであまりオススメしませんし、不安な方は事前に店員にお尋ね下さい。

店員さんに教えてもらったやり方で会計を進めました。

  1. アジのフライのボタンと数量をタッチ
  2. スキップバックボタンをタッチ
  3. うずら卵のボタンと数量をタッチ
  4. パック(揚げ物袋)を買い物袋(マイバック)に入れました

店員さんいわく「スキップバックボタンを押すことで、アジフライの重さをレジが記憶してくれる」そうです。

ですが、個人的には種類を分けて「別々の袋」に入れた方が、このやり方をしなくて済むのでラクだと思います。

 

*画像の著作権は(C)イオンにあります(作成は当サイトの管理人です)

*このセルフレジは岡山県では山陽マルナカ(マックスバリュー)に導入されています。

QRコードで楽天トラベル

 

[ 未分類 の記事 ]へもどる

amazonでaeonと検索した結果
*該当しない場合があります