HOME > そこまで言って委員会 > 6/5 そこまで言って委員会NPよ...

6/5 そこまで言って委員会NPより

テーマ

日本が抱える様々な経済問題

ゲスト 敬称略

須田慎一郎 井上久男 山口真由 馬渕磨理子
朴一 森永康平 石川和男 竹中平蔵

 

抜粋

竹中氏「総裁選の時、岸田総理は『所得倍増』って言っていて『それは無理だろう』と思っていたが、ここ最近、急に『”資産”所得倍増』と言い出した。つまり、投資で自分の資産を増やして下さいという意味だった」

 

給料は?

森永氏「一部の企業は上がるでしょうけど、日本の大半を占める中小企業では上がらない可能性が高く、国民全体として『給料が上がった』という感覚にはならないと思う」

私見→格差社会の構造がより強くなるだけ

 

円安について

朴氏「黒田総裁就任時は1$90円、今130円。ハワイの知人に聞いたらバーガーとコーヒーで2500円ですよ。これはアベノミクスの弊害ですよ」

私見→ネットで調べたら(参考サイト)、ハワイの物価、モーニング~ディナーの相場2000~3000円

 

井上氏「自動車産業にとって円安は有利ではない。確かに海外で売れば利益は増えたようになるが、輸入している原材料の一部が高騰しているので」

 

井上氏「ルノーが日産株を売却した場合、『ホンダ日産』という夢の連合ができる可能性が。ただホンダは『外資の日産は』という点。日産が外資でなくなればその可能性はゼロではない。無論、ホンダが買わなかった場合は、日産株をバラバラの組織に売却するかも」

「サハリン1の原油は日本では精製できない代物」

 

森永氏「ロシアがやっていることは人道的には悪い。ただ、だからといって、経済交流もすべて切りますか?0か100かの話で、すぐに0にする稚拙な外交しか、日本はできないんですか?という話です」 →リスクのある国だということは明白になった。日本のCEOは慎重になるべき

 

井上久男氏「ロシアのウクライナ侵攻で影響を受ける自動車メーカーはルノーでは?その理由として、プーチンの依頼でゴーンは露のアフトバスを子会社化。しかし侵攻で操業停止。アフトバス株を売却。その後、ルノーと日産との関係にも悪影響が」

 

経済安全保障推進法の成立、2022年5月11日

私見→良しと評価したいが、遅すぎ

 

周囲「あなたのお父さん、女性にもてようとしているよね?」

森永氏「私の父は、もてたいというより、収録で一緒になった女性の人を毎回口説こうとしてマネージャーに怒られている」

 

その他

IPEF、インド太平洋経済枠組み(Indo-Pacific Economic Framework)。 別の番組では「IPEFは日米におけるTPPの代わり。またインドが、中国やロシアグループに近づかないようにするための枠組み」という解説もあり。


amazonでそこまで言って委員会と検索した結果
*該当しない場合があります