HOME > そこまで言って委員会 > 6/26 そこまで言って委員会NP...

6/26 そこまで言って委員会NPより

テーマ

法律について考える「四方八方!六法全書」の第3弾!今の法律は、このままで良いのか?その改正は本当に正しいのか?

 

ゲスト 敬称略

竹田恒泰 門田隆将 田嶋陽子 山口真由
佐藤みのり 紀藤正樹 八代英輝 立川志らく

 

テーマ

憲法改正に賛成?反対?

 

志らく氏「時代と共にルールを変えるべき」

佐藤氏「9条を変えれば平和につながるのか?」

竹田氏「侵略したいと言っている政治家はいない」

紀藤氏「政治家はそうかもしれないが、官僚が暴走するかも」

門田氏「中国から日本を守るには、安保体制を。日本はウクライナと同じ状況である」

竹田氏「北海道にロシアが侵略してもパトカーが先導しないと戦車は赤信号を守らないといけない。そもそも日本は一発撃たれないと攻撃できない」

田嶋氏「面積が日本の14倍もある国が日本に攻めてきたら、それだけでもう」

門田氏「日米安保だけでは物足りないことが、ウクライナのことで今やっと日本国民が目覚めた」

 

テーマ

ファスト映画。著作権法違反なのは明らかで、今回は「ファスト映画を見る側の方」、若者のタイムパフォーマンス重視について。

 

山口氏「ファスト映画をたくさん見て、何が悪い?どんでん返しがわかったうえで、面白いと思ったものをあとで見る。予定調和が大好き。竹田さんのように突然キレられる、先が見えない方がストレス」

私見→映画関係者は残念がるかも

私見

ファスト映画、編集している時点で著作権法違反って自覚しているはずだし、最新作なら興行収入が減って損害賠償されるのは明白だった。 それなのに「なぜ、アップ主はやったのだろうか?」

 

 

テーマ

死刑執行の告知。以前は数日前に告知していたが、自殺者が出たことがあったので2000年以降、当日に告知することに。

法務省は『前日の告知は、本人に』

 

田嶋氏「直前の死刑執行は、事件における殺人と変わらない。死刑制度反対」

竹田氏門田氏「死刑囚が直前か事前かを選択できれば良い」

田嶋氏「それが良い」

 

立川氏「私が被害者の親なら仇討ちしたいくらいだ」

田嶋氏「死刑囚とはいえ社会の犠牲者。被害者の親とはいえ死刑執行後、喪失感がある」

八代氏「法律で死刑確定後6ケ月以内に執行しないといけないのに大臣のサインがいる。現状がおかしい」

私見

・死刑囚になる人は残虐事件を犯した人なので、直前で良いと思う。私は死刑制度賛成。また残虐な事件の犯人の場合、社会の犠牲者とは思えない

 

 

 

テーマ

AV業者が繁華街で「アイドルにならない?」と誘い、誓約書などで脅迫し撮影に臨ませている。AV被害防止新法について

紀藤氏「20才以下は出演禁止に」

佐藤氏「契約後、解除できない。急いでできた点は評価したい」

八代氏「日本は売春をグレーにしてきた」

私見

・売春防止法とかAVとかを全面禁止にしたら、おそらく「無職の人」が増えるような気がする。 また、裏社会の組織をある程度、生活させておかないと、他の犯罪が増えることを危惧したのでは?

・結局、労働人口、選挙人口を増やすために成人年齢を18才に下げたと思う。「これは18」「これは20」と法律によってまちまちなのは不具合が生じる。18か20に統一すべき。個人的には「未成年者の犯罪抑止」の観点から「大人は18才」

 

 

テーマ

八代氏「児童相談所の一時保護制度を警察の権限に移管すべき」

討論

八代氏「現在、日本では週に1人、子供が亡くなっています。業務でひっ迫している児相に任せるのは無理」

佐藤氏「子供を親から離すべきと思う時に、児相と警察が一緒に行くなら良いが、警察に移管するのは反対」

八代氏「権限を警察に渡すというのは、児相にとってエクスキューズ(言い訳)になる。あくまでも、子供を保護する時の話。先日まで水道局にいた人が児相に来て『どう対応すれば?』という事例もある」

門田「人口の多い杉並区に児相が1つでは無理。警察を使うべき」

竹田氏「170か所アザのある子供を親に返せば、どうなるのか、誰だってわかる。児相のレベルが低い」
山口氏「妊婦の段階から親に指導して虐待を減らす」

amazonでそこまで言って委員会と検索した結果
*該当しない場合があります