HOME > そこまで言って委員会 > 4/24 そこまで言って委員会NP...

4/24 そこまで言って委員会NPより

映画を通して見る「日本の現実」をテーマに、徹底討論

ゲスト

竹田恒泰 丸田佳奈 田嶋陽子 眞鍋かをり
門田隆将 村田晃嗣 宮家邦彦 原田眞人(敬称略)

 

 

北方領土

宮家氏「昔から不法占拠です」

真鍋さん「祖父が樺太で鉄道の仕事をされていた時にポツダム宣言後にロシアが侵攻し、右肩に銃撃を受け捕虜にされ、辛い生活だったとのこと。ただ、一部のロシア人は親切だったとのこと。運よく帰国できたが、ロシアではこういう体験をしたという話を祖父は私によくしてくれました」

竹田氏「真鍋さんの話は樺太の戦いと言われている。出港した船に対し露の潜水艦が攻撃、明らかに民間船だったのに。それに海上に浮いた女性子供らに発砲し、総計3700人が死亡。これを教科書に載せるべき。戦勝国のロシアに配慮して教科書に載せていないが」

 

 

日本のウクライナ支援

宮家氏「ウクライナへの支援は他人事ではない。東アジアでも同じようなことが起きるかもしれない。それを防ぐためには、攻めて来たロシア側が徹底的に不利になる必要があり、『日本に攻める国があったら、その国はロシアと同じように痛い目に遭うぞ』ということを示す必要がある。攻めてくる国がどこの国とは言わないが」

 

門田氏「岸防衛相の『なにかできることはないか!』と省全体に発して、防弾チョッキ、防毒マスクなどを拠出することができ、実際にウクライナ兵に届いて、DOUMO ARIGATO というローマ字とともに写真がアップされ世界に公表されたことが良かったと思う」

 

田嶋氏「大戦で日本人は懲りているはずなのに、武装化しようとしている。日本は南京、真珠湾と侵略してきた」

宮家氏「懲りているから、敵基地攻撃能力で防衛しようとしている」

私見→真珠湾は侵略ではないと思う

 

竹田氏「千羽鶴は兵士の無事を願って折るもの。それを大使館に持って行っても『何ですか?これは?』と言われるだけ」

黒木さん「文化の違い?ですか」

私見→同感。文化が違う

 

原田氏「ロシアへの強い制裁が中国にも伝わって、中国は台湾への侵略をちゅうちょしているそうなので、そういう意味で、制裁そのものは良かったと思う」

 

ロシアの虐殺

田嶋氏「日本だって南京で大虐殺した。ロシアとか中国とか、残虐性に国は関係ない」

真鍋氏「今、21世紀でやっているのはロシアです」

私見→南京事件の説として、中国の役人がすぐさま撤退、中国住民を放置。食料が底を尽いたから、仕方なく死んでもらったという説もある」

 

その他

・田嶋氏「男性にとって女性は『穴と袋』なんです」

私見→いまだに言っている。この表現はやはり問題ではないだろうか?

・真鍋さん、アニメ業界の低賃金、海外流出について、よくぞ言ってくれた。

・原田氏「ウィルスミスは、平手打ちをしたあと、6分間のスピーチをしたが、家族や共演者のことは話したが、監督やスタッフへの感謝の気持ちを言わなかった。自分の世界に入っていた。同業者として、アカデミー賞でそれはいけないと思った」

私見→スピーチの内容を聞いて納得


amazonでそこまで言って委員会と検索した結果
*該当しない場合があります
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

当サイトでは広告ブロックをオフにして下さい

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock