HOME > そこまで言って委員会 > 3/20 そこまで言って委員会NP...

3/20 そこまで言って委員会NPより

テーマ

「企業」「銀行」「大学」「選挙区」、さらに「エンタメ界」に至るまで、最近の「合併」にまつわるニュースについて徹底分析、徹底討論

 

ゲスト

竹田恒泰 井上久男 菅野朋子 山口真由 須田慎一郎 朴一 大野裕之 竹中平蔵 (敬称略)

 

「ひとつにしたいもの」

・山口真由氏「キャラをひとつにしたい。母親に『委員会でのキャラ、違うね』と言われる」

黒木氏「東京と委員会(大阪)、どっちにしたい?」

山口氏「もし、東京で委員会のキャラをやったら、多分、干されると思う」

 

・菅野氏「西暦にまとめて欲しい。実務でムダ時間」

・竹田氏「共産党が和暦を復活させた。赤旗の読者でクレームがあった模様」

・菅野氏「西暦にまとめるべき。時間の浪費が多い」

竹田氏「天皇の生誕年が西暦になるなんて考えられない」

私見→同感。竹田氏の言う和暦は儀礼的な式や書面だけにした方が良い。
日本政府が企業のデジタル化を推進するなら、西暦だけにした方がプログラムが容易になってコスト減

 

 

選挙区

・1票の格差を東京22区と鳥取2区を比較すると 2.096倍の差が生じているので10増10減で調整。

・竹田氏「そもそも人口で比較する裁判所の方がおかしいと思う」

 

・竹田氏「裁判所の『1票の格差は違憲状態』は実は違憲ではない」

菅野氏「『違憲状態』という表現は裁判官の逃げ。違憲と言いきらないことで自分が責任を取りたくないのでしょう」

 

・朴氏「地方の議員が少なるのなら、道州制などで地方を活性化すべき。その一方で、参議院はセンバツのように、21世紀枠の議員を地方から登用すれば良い。」

 

・竹田氏「5Gで遠隔医療ができるから、地方の人は都会の医師を利用すれば良い」

私見→遠隔医療で対応できる診療科は限られる。わかりやすい例で言えば、外科は無理。都会人の誤解

 

 

大学

朴氏「とくにFランク、偏差値の付かない大学が多い。そこが文科省の補助金を食い物をしている。ただ、マグロの研究とか有意義なことをしている大学は学生のためにもなるので残すべきだが、数が多いので特徴のない大学は合併すべき」

竹田氏「いいえ、合併より潰すべき」

他「大学が上の人達の食い物になっている」

私見→線引きが難しそう

 

竹中氏「1.1兆円という交付金は変わらず。大学ごとに配分を変えれば良い」

 

 

銀行

・菅政権などが「地銀の再編策」を推奨。10年限定で合併を有利に。

参考 大和総研 2020/12/8 何のための地銀再編か

https://www.dir.co.jp/report/column/20201208_010572.html

 

大野氏「情報処理勤務の友達は20年以上システム統合ばかりしている。聞くと財閥系銀行は古い。合併すると財閥系の古いシステムになってしまう。独特な体操になったり、機関紙が増える」

 

・須田氏「みずほ銀行はITゼネコンのカモに。仕様書を出せと言っても、どこにもありませんと。システムが複雑怪奇」

竹中氏「システムをわかっている人は銀行側よりも7割ぐらいITベンダー側にいる」

私見→客側の要望でスマートなシステムに変更することは可能

 

企業

・須田氏「マクドナルドの原田さんもいるが、プロの経営者っている?」 竹中氏「サントリーの親浪さんとか」

 

・竹中氏「海外と比較し大規模といえるのはトヨタとソニーだけ。日本の企業は小規模で、労働者の80%が小規模に勤務。しかし後継者のいない企業が多い。だからM&A合併を推進すべき」

 

・ルネサスエレクトロニクス 日立+三菱+NEC、それぞれの半導体部門の合併。車載用半導体で世界トップクラス。 日本電産が買収に動くも自動車業界の横やりでとん挫。

 

・セブン&アイホールディングスはそごう・西武の売却先を模索

 

・ヤマダ電機による大塚家具の吸収合併。しかし大塚家具ブランドは残り、家電と家具の融合が進む

 

・他「社外取締役を3つもされていて、その企業内から叩かれることありますか?」

竹中氏「ありますよ。でも叩かれるほど、デキルという意味ですから」

黒木さん「わぁ、ネットが怖い」


amazonでそこまで言って委員会と検索した結果
*該当しない場合があります
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

当サイトでは広告ブロックをオフにして下さい

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock