竹中平蔵氏

桜を見る会で総理枠で千人って多いといえば多いが、目くじらを立てるほどのことではない。世の中にはグレーゾーンの物事が多い。国会では桜の会のことより、他のことを議論をすべき


●テーマ・公職選挙法がいるかいらないか

須田氏が一例をあげる

選挙期間中、地方だと有権者が物を要求することがある。

候補者事務所に行って有権者が『公民館にテレビがないんだけど』と言うと、翌日にはテレビがある。これは地方の話だが、公職選挙法は候補者だけでなく有権者も守るべきと思う。


●テーマ・オリンピックがいるかいらないか

過去に竹田恒泰氏がテレビで五輪に関することをペラペラしゃべっていたら、森喜朗元総理から、当時JOCの会長だった竹田氏の父(竹田恆和氏)に「息子を黙らせろ」という指示があったそう

※私見:政治家というのは「気に食わないと口封じしがちなのでしょうか?」

 

・武井壮さん初登場。

五輪に出る選手はたくさん練習している。高橋尚子さんなんて暑い日も含め毎日50km走ることあった。逆に、大会当日は『本番の42.195kmの1本だけだから(練習よりラクかも)』と思う選手もいる。東京から北海道に場所を移して涼しい所でやることが選手ファーストではないと思う。

僕は心配なのは、市民ランナーが真夏のマラソンに参加すること。トップアスリートと違って「暑い日の練習量が違う」ので、一般ランナーの方が危険にさらされる、それを議論して欲しい。


●テーマ・AIの登場で英語教育はいるかいらないか

田嶋陽子氏

日本語ができないと英語ができないと言い張る人がいるが、それは私は間違っていると思う。海外から日本に来たお子さんなど、たくさんの言葉(多国籍語)をしゃべられる子がいる、特殊かもしれないが、脳の中で言語が分かれていると思う。だから「英語よりも国語を先に勉強すべき」とは言えない。

※私見:子に日本語を先に勉強させるべきか?英語を先に勉強させるか?

結果論でいえば、子供によると思う。田嶋氏の例えの子供は特殊だと思うし、子供によっては

日本語は苦手だが英語は得意

日本語も英語も得意

日本語は得意だが英語は苦手

など、「教育を受けてみない」とわからないと私は思う。田嶋氏の「言い切り」は良くないと思う


●テーマ:キャッシュレス決済がいるかいらないか

竹田氏、須田氏、竹中氏

キャッシュレスが普及するのは途上国が多い。(途上国ではないが)中国はニセ札が多いからキャッシュレスが普及している。だってATMから普通にニセ札が出てくるし。そもそも、途上国で普及しているのは国民全員が銀行口座を持っていないから。