2/20 そこまで言って委員会NPより

ゲスト(敬称略)

竹田恒泰 宮沢孝幸 倉田真由美 山口真由 大野裕之 宮家邦彦 古舘伊知郎 竹中平蔵

 

日本の細菌学の父と呼ばれる「北里柴三郎」の功績

解説 上山明博氏

・「破傷風菌を特定」「血清療法の確立」。今日のワクチン開発につながった。

・当時、香港で流行った、のちのペストの致死率は95%。新型コロナウイルスの致死率は1%。その危険な香港に北里氏は行って、研究を続けた事。

黒木さん「ウイルス、怖くないですか?」

宮沢氏「ウイルスの研究者って変な所があって、怖ければ怖いほど燃える所がある」

大野さん「元上司のところへ行って、『否定する』議論を交わした北里さんはすごい。普通はできない。」

 

・倉田さん「東大だけでなく京大にまで対峙しようとするから、いつまでたっても准教授なんですよ」

宮沢氏「研究したいと思っても、今のウイルスの研究しかできない。できれば独立した研究所を持ちたい。クラファンなどで、今の病気ではなく、将来、病気の原因になるかもしれないウイルスの研究ができる。」

黒木さん「いくらお金があれば」

宮沢氏「20億くらいで」

竹田さん「誰か出してあげて」

竹中氏「(宮沢さんが)自由に研究できないのは、今の既得権益社会の弊害でしょうね」

 

津田塾大学を創立した津田梅子の功績

解説 田嶋陽子氏

・男女雇用機会均等法ができたのは、津田梅子がアメリカに留学してから約120年経った1985年のこと。

・日本に帰る1年前は、全米各地で講演をし「日本女子の留学支援のための募金を募った」。そのお金(約8000$)で留学できるのは「女性1人分」だった

・そのままなら主婦になっていただろう女性の留学を支援した結果、帰国後、多くの団体・組織の代表となった女性が多く誕生したこと。

・田嶋氏「良い意味でも悪い意味でも、今の社会でも男性が一人で仕事を背負っている」

 

 

日本資本主義の父と呼ばれる実業家の「渋沢栄一」

解説 竹中平蔵氏

・財閥ではなく公益性を追及

・官に対抗するには財閥を作るのではなく、民を作らなければいけないと彼は思っていた。その結果、多くの企業・組織を設立した。

・帝国大学に一橋大学を吸収しようとしていた文科省に対し、渋沢氏が間に入って吸収を阻止した。結果として彼は全体を俯瞰していた。

 

その他

・黒木さん「先ほどから既得権益と言われている竹中さんですが、人材派遣会社をされている竹中さんこそ既得権益(で利益を得ている)なのでは?」

竹中氏「元々、利益が薄いところ(業界)に入っているだけです。そんな噂に惑わされないで」

倉田さん「けむに巻かれているよ」

 

・古館氏「男女の違いを表しているのは?と、昔質問したら田嶋さんは『夫婦茶碗のサイズが違う』と言われた」

田嶋氏「こういう所(夫婦茶碗)から差別があるのよ」

私見→差別なのでしょうか?単に女性の方が「小食である」という現れのような気がする


amazonでそこまで言って委員会と検索した結果
*該当しない場合があります
この記事のQRコード