個人的メモです

■辛坊氏「ワクチン接種後に、高齢者の何人かが原因不明で死亡したとする。すると遺族は『ワクチンのせいだ』と言う。一部のマスコミが『コロナのワクチンは危険だ』と反ワクチン運動をする可能性がある。すると一般人が接種する頃になったら『ワクチンは受けない方が良いという雰囲気』になる可能性がある」

中野雅至氏「それ、あり得ます」

辛坊氏「だからこそ、大勢を一度に接種する体制にすべき。ついでに言えば、海外ではワクチンが余った時、『受けたい人は来て』といって余って廃棄しないようにしている。しかし、日本の自治体はそういった臨機応変な対応はできないだろうから、廃棄するワクチンが増えそうだ」

 

 

■新型コロナウイルスのワクチン接種について

辛坊氏 「私は(今年)65才で、基礎疾患がある。その条件に該当するので、接種が優先されるはず。ただ、厚労省はその情報をどうやって知るのだろうかと思って問い合わせをしたら『(我々は)知りません。接種会場で、問診票で基礎疾患に”有り”と記入して』と言われた。結局、私も一般人と同じで、接種が優先されないと思った」

 

■東京五輪を中止できるのか?

竹中氏「東京五輪 をするかしないかはIOCが決める。もし、日本政府が中止をIOCに要請した場合は、多額の賠償金をIOCに支払う必要が出てくる。そもそも菅総理はじめ多くの政府関係者は”やる”方向の意志」

他のコメンテーター「ということは、IOCから中止という声が出た方が日本にとっては費用も含めラク」

 

■なぜ給付は一律同じ金額なのか?

竹中平蔵氏「昨年の10万円給付で、金持ちであろうとなかろうと”一律10万円”だった原因はマイナンバーが普及していないから。だからこそデジタル庁を作って、収入に応じた給付や補償にしようと政府は準備している」

 

■感染症法を新型コロナを2類から5類にした場合

辛坊氏「2類だからコロナにかかる医療費は無料だが、5類になると自己負担になる。感染者は払わないといけないし、その責任は、2類から5類に変更した人(総理か役人)が全て負うのか?」

 

■補償の6万に対し、時短拒否の違反で50万は金額としてのバランスが悪い

 

■橋本五郎氏

「さっき、菅総理は優柔不断と診断されていたが、それは違う。一度決めたら変えない人だ。だからこそ GoToを止めなかった。ワクチンも同じだろう」

 

■犯罪心理学者:出口保行 氏

心理学・リーダー資質分析・PM理論

P:目的達成能力、M:集団をまとめる能力

PM型:両方長ける、pm型:両方弱い

 

辛坊氏:PM型、ただしやり過ぎな一面も

菅総理:pM型と「目的達成力が弱いが、集団をまとめるのは長ける」、pM型には優柔不断タイプが多い