暗い話で誠に恐縮ですが

子供の頃から優しく接してくれた伯父が亡くなったので葬儀に参列してきました。

 

私の悲しみよりも、伯父の孫らの悲しみの方がずっと大きいと思いつつ、

 

人の死そして悲しむ人々を間近に見て、「命の大きさ」というものを改めて感じました。

 

昨今、簡単に他人を殺める人が増えてきましたが、「そういう人達は葬式などに参加したことがないのだろうか?参加したことがあれば、思いとどまるのではないか?」とも感じました。

 

と同時に「会える機会」「話せる機会」がある時は、なるべくその機会を利用しておいた方が良いとも。