たかじんのそこまで言って委員会で

恵隆之介氏が
「尖閣諸島の地下資源(石油・ガス)を中国と折半で分けて、それを原資に日本から独立して”琉球王国”の復興をもくろむ人達が増えている」と発言。

「そこで重要なことはNHKをはじめとしたマスコミが沖縄で行われている様々なことを正確に取材し、全国に放送・出版すること」とも。

たとえば「天皇陛下が沖縄を訪れた時、島民が日本国旗を持って迎えようと準備をしていたら、”国旗を振るのはダメだ”といって反対した久米島の関係者がいた」
「沖縄のマスコミは日々、反米・反日(日本)・親中(中国)の考えを広め県民をマイドンコントロールしている」
「政府が沖縄に補助金をあげても、公務員や基地の地主など一部の沖縄県民だけが潤っている」
「県外の修学旅行生が訪れる沖縄のとある資料館には”反日”を促す資料が豊富」といった事実があるのに、

本土の我々には知るスベがない。

ただ
反日つまり「日本本土から独立をして、華やかだった琉球王国に戻りたい」と願う沖縄県民が徐々に増えているという話が事実なら、

それこそ本当に「沖縄は日本から独立するかもしれません」

ともかく恵隆之介氏だけでは情報源が少ないし、恵さんの命もアブナイ。

本土のマスコミが沖縄を正確にありのままを取材することが重要で、なかでも公共放送であるNHKが先陣を切って欲しいと思います。

「まさか沖縄が独立するわけがない」と思っている、思いたい人がほとんどでしょう。
しかし、とりあえず知っておいて頂きたいことは

なぜ日本国内である沖縄で反日運動が行われているのでしょうか?
もし岡山でそんなことをしたら「同じ日本人だろ、バカか?」と言われると思うのですが