HOME > テレビ > 普天間飛行場は元々野原だったのか?...

普天間飛行場は元々野原だったのか?

たかじんの委員会で

普天間基地は元々野原に建設され、その後、周辺に住民が住み着いた

という発言がありました。

一瞬、「えっ」という感覚を持った私は、自分の勉強不足を痛感しながら

「それが事実なら、これまで”普天間は住宅地に作られた基地”というマスコミが使っていたフレーズは、少し意味が違うのではないか?」と疑問を持ちました。

住宅地のそばに作られた基地
ならば、「基地を作った方に責任」がありますが

基地ができた後に住宅地ができた
のならば、「基地のそばというリスクを承知で家を建てた」ということになります。

で、ウィキペディアを見ると

沖縄戦時下において接収された土地で、のちの朝鮮戦争において建設が進んだ
という、

基地の発端が戦中・戦後の混乱期
ウィキの情報量だけで野原とはいえないものの、接収された土地が今も使われている
現在でも土地の9割以上が借地で「地主が3千人以上」いる

という特殊な事情もあるようです。

ただ冷静に考えて
30~50年前に「基地の近くに家を建てた人」というのは、「基地のそばに住むことを承諾」していたのではないか?
とは思えます。

また、仮に私が基地の地主の1人だったなら、「基地が移転したら賃借料が入らなくなるので困る」と思うかもしれません。

周辺での騒音や米兵による事件がクローズアップされがちですが、

基地が先か
住宅地が先か

で、基地に対する見方は変わるのではないでしょうか


amazonで普天間飛行場と検索した結果
*該当しない場合があります