HOME > 戦後70年なのに今でも敗戦国扱いさ...

戦後70年なのに今でも敗戦国扱いされる日本

確かに当時の指導者、政治家等々

日本の民衆を戦争に参加させ他国を攻撃させた罪は大きいと思います。

しかしもう70年経とうとしています。

その人達の孫、ひ孫の時代になろうとしているのに

他国の一部は「日本は敗戦国である」という認識のもとで、外交交渉をしてきましたし、今だにしています。

 

いつまで謝罪しなければならないのでしょうか?

いつまで負け犬扱いを受けなければならないのでしょうか?

 

かつて日本は経済大国世界2位という実績がありました。

これは我々の先輩方、今のシニア世代の方々による努力の結晶です。

 

世界の2位にまで登りつめた日本に対し「敗戦国」というレッテルを今だに自国民や日本人に植え付けようとする「一部の他国」の首脳陣の考えは、

どうも矛盾しているように思えます。

 

これまで日本政府は賠償金、ODAなどなど、「謝罪の気持ちも含め、他国に対し幅広い支援を行ってきました」

にも関わらずです。

もちろん、発展途上国から見れば日本は経済大国ですから、可能な限りの支援は続けても良いとは思いますが、

 

戦争責任を負わすとか、謝罪を要求されるといった「70年も前の戦争にまつわる要求」を

今の世代だけでなく、次の世代までもが受け続けなければならないのは、どうも腑に落ちません。

 

ともかく、過去の2国間の条約で「賠償請求は今後しません、これで終わりです」とすでにピリオドを打った件は確実に「終わったもの」と扱うべきですし、

「敗戦国」と言われ続ける件については日本の政治家・官僚の人たちに妙案を出して頂きたいと思います。

 

[ 未分類 の記事 ]へもどる

amazonで戦後70年なと検索した結果
*該当しない場合があります