HOME > テレビ > 古賀茂明氏、報道ステーションで最後...

古賀茂明氏、報道ステーションで最後の反撃

報道ステーションを見ていたら、古賀氏が自分の解説に入る前に「最後の出演に際し、これまでの御礼」を言われていました。

その中で

「テレビ朝日の●●会長(または社長)、古舘プロジェクトの●●会長のご意向により、そして菅官房長からの強いバッシングで本日で最後となりましたが・・・」

という一節がありました(●●は私は覚えていません)

 

そういう一節をまじえながらお礼の挨拶をされていたためか、隣の古舘氏があわてて「今のは私は承服できません」と少し語気を荒らげて反応していました。

 

以前から古賀氏の出演終了というのは知っていましたが、

終了の原因が、政府への反発を繰り返したことによる圧力、それを受けたテレビ局とその関係会社の意向だったことを、

生放送中にさらっと話す古賀氏。

 

どんなに強い圧力を受けても、自分の意思、信念を貫くという古賀氏の生き方と
自分の判断で政府が間違っていると思ったら、間違っているとテレビで堂々といえる人間が一人消えた瞬間を見たような気がします。

 

※ケンカという険悪な雰囲気ではなかったものの、ちょっとした言い合いのようなシーンでした。

※古舘氏の言い分としては「4月からの番組内容の変更により、古賀氏の出演をご辞退頂いた」といったニュアンスでした。

※政府が正しいのか古賀氏が正しいかは内容にもよるかとは思います。


amazonで古賀茂明氏、報道ステーションと検索した結果
*該当しない場合があります