ファミリーヒストリーで薬丸裕英さんから肝付兼太さんへつながる?

2021/11/23 NHK ファミリーヒストリー

薬丸裕英さんのルーツをたどっていたら、鹿児島県の豪族で島津氏に対抗できるうる勢力を持っていた肝付氏とつながる。

薬丸さんのご先祖が肝付氏の同族あるいは家臣だった可能性が、番組の前半シーンで判明。

肝付氏は代々「兼(かね)」を名付けられた模様で、薬丸さんのご先祖にも「兼」がつく武士がおられたことが判明。

 

そこで、肝付氏の本家に近い同族、あるいは地位の高い家臣(重臣)だった可能性が。

 

さらに私は、「ドラえもん」のスネ夫役だった、鹿児島産まれの肝付兼太さんを思い出しました。

wikipediaを見るとやはりキモツキ・カネタさんと読み、そして肝付氏の末裔でした。

 

また番組では、「薬丸自顕流」と言われる、防御なし、攻撃主体の武術の道場が取材を受けていました。

 

薬丸弾正兼持の墓

PDF肝付氏族・薬丸兼将の子、兼持の墓(鹿児島県大崎町)

(※このお墓については間違っている可能性があります。ただ映像から、田舎の細い道路のすぐそばにあったお墓でした。)

 

※番組に出たかどうかは不明ですが、参考記事として

薬丸兼将(やくまる かねまさ)


amazonでファミリーヒストリーと検索した結果
*該当しない場合があります
この記事のQRコード